ダンボール戦記とは

ダンボール戦記とは、テレビ東京系列で放送されているアニメ「ダンボール戦記」です。

 

主人公の山野バンは謎の女性から、LBX(リトルバトラー・エクスペリエンス)と呼ばれる、小型戦闘ロボットを託されました。

 

ストーリーの舞台は、バンが暮らすミソラタウンから始まります。

 

未来の強化ダンボールの中に出来た戦場で、LBX同士の戦闘を繰り返し、バンやLBXが成長していくというストーリーです。

 

ダンボール戦記PSPとしてゲーム化されたわけですが、ニンテンドーDSでの発売になりました。一番普及しているハードだからですね。

 

ゲームの魅力はやっぱりLBX同士の戦闘です。いろんな武器を駆使しながら、戦いを繰り広げます。

ダンボール戦記の魅力とは

ダンボール戦記PSPのゲームの魅力はなんといっても、LBX同士の戦闘にあると思います。

 

戦闘開始前にパーツカスタムモードで、パーツをその戦闘の状況に応じて変更することが出来るんです。このパーツもたくさん用意されています。

 

戦闘が始まって相手にダメージを与えると、チャンスゲージと呼ばれる必殺技が使えるゲージが溜まります。

 

チャンスゲージがフルになると、必殺技を発動出来ます。この必殺技の種類がなんと、約100種類もあります。

 

LBXが使える武器を使い込むと、いろんな必殺技が使えるようになります。何度も戦闘をして経験を積みたいですよね。

ダンボール戦記の特典

ダンボール戦記PSPには、購入された方の特典というべきなのか、プラモデルが同梱されています。

 

これは業界初?の試みで、プラモクラフトRPGというジャンルを確立しました。

 

プラモデルは、ダンボール戦記PSPにも登場するLBXで、主人公の機体でもあるAX−00です。

 

AX−00は今後、プラモデル化はされないので、ダンボール戦記PSPを購入して手に入れる以外にはないようです。

 

主人公機が手に入らないのは、なかなか厳しいですよね。

 

他のLBXは続々とプラモデル化が決定しています。

ダンボール戦記PSPの口コミ

ダンボール戦記PSPをこれから購入しようと検討中の方は、購入された方がどんな感想をお持ちなのか気になりませんか?

 

ということで、ちょっと調べてみました。

 

ダンボール戦記PSPの、アマゾンカスタマーレビューの口コミを引用してご紹介します。

 

クリアしての感想です。

 

良いと思ったところ

 

●戦闘は操作が簡単で
 カメラワークもよく、
 快適にプレイ出来ていいです。

 

●パーツの種類が多く、
 そのパーツに属性があって
 いろいろ考えながら組むのが楽しいです。

 

悪いと思ったところ

 

●戦闘がだんだん作業的になっていく。

 

●ストーリーが薄い
 アニメを見ていないと
 わからないことが多い。

 

●ロードに時間がかかる。

 

●パーツの色が変えられない。

 

●敵を倒して得られるパーツのスキルを
 同じにして欲しかった。

 

●主人公の移動速度が遅い

 

他の口コミもそうですが、全体的な感想としてロードに時間がかかるというのがありました。

 

私もユーチューブで確認しましたが、ちょっと長いかな?と思いました。

 

ロードにかかる時間は、2〜7秒くらいです。気にならない人もいるようですね。慣れの問題かも?

 

あとアニメも出来れば観ておいた方がいいかも知れませんね。

ダンボール戦記PSPの価格

このブログでは、大手通販ショップでのダンボール戦記PSPの購入をオススメしています。

 

その通販ショップとは、楽天市場です。誰でも知っている大手通販ショップですよね。

 

大きな通販ショップなので、あんしんして購入が出来ます。

 

まだ在庫はあるようなので、よくご検討されてからご購入ください。

 

ご紹介している楽天に出店しているお店は、ソフマップです。ポイントを貯めている方はポイントが貯まりますので、いいですよ。

 

ソフマップも大きい通販ショップなので、購入しやすいと思います。